セカンドチャンス朝会へようこそ!
毎週月曜日と金曜日に朝会を開催しています。

今日の学び・気づきは、雇用保障という神話と望み通りの人生を生きるという章でした。

雇用保障という神話

いつも「金持ち父さんの21世紀のビジネス」本を読みながら解説をしてくださっていますので、とってもわかりやすいです!

img_7926

たいていの人は周囲の状況によって洗脳されていて、「雇用」されることが普通だと考えるようになっている。
農業時代はほとんどの人が起業家だった。

新しい需要、つまり従業員に対する需要が増えてきたのは産業時代になってからだ。

65歳で定年という考え方がどこから来たのか、あなたは疑問に思ったことはないだろうか?

その開始年齢にあまり意味はない。
「21世紀のビジネスより抜粋」


img_7927

税金の話

私たちが国に支払っている税金について、みなさんはいくら支払っているのかご存じですか?
累進課税といって、課税対象の金額によって変わります。金額が大きくなるほど、税率が高くなる仕組みのことです。

よく103万円を超えないようにするのも税金を非課税限度額が103万円までとなっているからなんですね。
少し調べてみたのですが、課税対象となるのが住民税と所得税。

その税金は収入の約33%だそうです。
つまり3割以上支払っているということです。

望み通りの人生を生きる



img_7928

何が人を金持ちにするのか?
そう聞かれたらたいていの人は「もちろんお金だ!」と答えるだろう。
でもその答えは正しいとは限らない。

実際のところ、お金を持つだけでは金持ちにはなれない。なぜなら、常にそれを失う可能性があるからだ。

同じようい、不動産を所有しても、それはあなたを本当の金持ちにはしてくれない。
なぜなら、細菌数年の間、世間の大きな注目を浴びているように、不動産は価値を失うことがあるからだ。

では何があなたを金持ちにするか?

それは「知識」だ!!!
「21世紀のビジネスより抜粋」

あなたはどう思いますか?
このことについてみなさんでシェアしました。